薬剤部

薬局のご案内

薬局は、薬剤師5名、助手2名の体制で、医薬品が安全且つ適正に使用されるよう処方箋監査、調剤、入院薬剤管理指導、医薬品の保管・管理など皆様が安心して治療が受けられるように日々薬剤業務を行っています。

また医薬品情報の発信等から、最新の情報を集め、皆様にフィードバックできるように心がけています。

調剤業務

相互作用、重複投与を念頭に置き、適正な処方箋に基づいて正確な調剤をし、また調剤者以外の者が監査照合をすることでミスをなくしています。
また前回と同じ処方薬であっても、再度患者さんと用法用量を確認しあって手渡すなど、常に安全に気を付けて行っています。  

       

入院薬剤管理業務

入院患者さんの薬が安全・適正に使用されるように、薬歴管理を行っています。
患者さんの投薬をすべて把握できるように、他院からの持参薬は速やかに薬剤鑑定を行い、注射剤は注射処方箋に基づきセットしています。
それらもすべて薬歴記帳をすることで、相互作用、重複投与がチェックでき、重篤な副作用を未然に防ぐようにシステム化を行っています。
また、患者さんの声をよく聞くことを大事だという考えから、、自らが納得され積極的に治療に参加されるようにベッドサイドでの薬の説明させていただく時間を作っていただいています。  

    

医薬品管理

院内の医薬品の保管・期限管理を厳重に行っています。
薬の面からも安全性のより高い良質な医療を提供できるようにしております。  

    

医薬品情報管理

日々発せられる医薬品の情報を収集し、必要に応じて患者さんに提供しています。
また、同様に院内のスタッフにおいても情報の共有につとめています。