病院沿革

 

昭和39年


昭和43年








昭和62年


平成6年

平成7年

平成9年


平成11年


平成12年

平成15年


平成16年

平成17年

平成22年


平成23年

平成24年




平成28年
 前理事長神野泰が姫路で初めて整形外科を専門とする
 神野整形外科病院を開院

 新病院(現病院)に移転

      

 宮田輝雄が副院長に就任
 全身用CT導入(東芝社製 TCT-300)

 全身用骨密度測定装置導入(Hologic社製 QDR1000)

  全身用MRI(日立社製 5000AD)導入

  井上圭介が内科開設
 神野整形外科病院から神野病院に名称変更

 医療法人社団仁和会神野病院に名称変更
 理事長神野泰、病院長井上圭介、副院長日高康博・宮田輝雄の体制に移行

 ヘリカルCT導入(GE社製 Prospeed)

 FCR導入(フジフィルム社製 FCR5000plus)により
     画像診断をデジタル化

 日本整形外科学会臨床研修施設認定病院に指定

 オープン型MRI導入(日立社製 APERTO)

 マルチスライスCT導入(日立社製 ECLOS)
 全身用骨密度測定装置更新(Hologic社製 Explorer)

 日本手の外科学会認定基幹研修施設病院に指定

 神野泰が名誉理事長となり、理事長井上圭介、
 病院長日高康博、副院長宮田輝雄の体制に移行
 医用画像管理システム(日立社製 ImageConcier)を
 導入し、フィルムレス化に移行

 新病院移転 姫路市飾磨区下野田2丁目533番地3

 電子カルテシステム導入、日立製作者1.5TMRIに更新


(医)仁和会 神野病院開設者

 故 神野 泰 
(T13.3.11~H26.5.9)

  昭和26年3月   神戸大学医学部卒業
  昭和27年8月   岡山大学医学部津田外科副手
  昭和27年11月 医師免許取得
  昭和30年5月   岡山大学医学部整形外科副手及び講師
  昭和34年12月 岡山大学医学部より学位授与医学博士
  昭和38年7月   岡山大学医学部整形外科講師帰任
  昭和39年1月   姫路市飾磨区恵美酒にて神野整形外科開業
  昭和58年4月   日本整形外科学会認定整形外科専門医
  昭和62年2月   日本整形外科学会スポーツ医
  平成5年5月   日本医師会認定健康スポーツ医
  平成11年7月   医療法人社団仁和会神野病院理事長に就任
  平成24年10月  医療法人社団仁和会神野病院名誉理事長に就任